JPEアンコール

有料だからこそ手厚いサービスが嬉しい。
アダルトサイトで名作サイト『JPEアンコール』をココでは徹底的に比較して検証しておりますので、
しっかりとご検討ください

往年の名作マニアには『JPEアンコール』がお勧め!

業界に長い歴史があれば、当然その間に傑作も生まれます。
アダルトビデオ業界も一緒で、これだけ長く歴史があり、大きなお金が動き続けている世界であれば、
名作も1つや2つは誕生するはずです。長くアダルトビデオを見ていれば、
「あの動画、もう一回見たいな」という気持ちもあるのではないでしょうか?

その意味で、マニア必見の名作をアンコールという形で配信している
AV動画有料アダルトサイトが『JPEアンコール』です。最新作好きには多少評価の難しいサイトかもしれませんが、
『JP-Express』第一世代のオリジナルムービーなど傑作集を楽しみたい方は、
必見のAV動画有料アダルトサイトです。そこで今回は、『JPEアンコール』の魅力をまとめたいと思います。

JP-Express第一世代のオリジナルムービーがめじろ押し!

かつて素人系というジャンルを確立し、大人気を博したオリジナルムービーシリーズがあります。
「日急」という、まるで宅配業者のような愛称で親しまれた『JP-Express』が作成した動画群を差しますが、
その当時に作られた素人系アダルトビデオは質が高く企画も練り込まれていて臨場感もあり、大変な人気になりました。
その「日急」のオリジナル動画を次から次へとリバイバルで観覧できるウェブサイトが『JPEアンコール』です。

雰囲気としては、往年の黒澤明や小津安二郎、溝口健二、成瀬巳喜男の名作を
次から次へと観覧できるウェブサイトといった感じでしょうか。ゴダール、トリュフォーなどのヌーベルバーグの
リバイバル配信サイトといってもいいかもしれません。その手の映画を古いといって見ない人も多いかと思いますが、
今もなお世界中にファンを持つ名画は、その後の映画作りにも大きな影響を与えています。

アダルトビデオ業界での「日急」も同じで、その後のアダルトビデオ業界の素人物に大きな影響を与えました。
その名作のオリジナルムービーが観覧できるのです。

月額39米ドル95セントは評価の分かれるポイント...

ただ、『JPEアンコール』の評価は、真っ二つに分かれると思います。
『JP-Express』がスタートした時期は2000年です。そのころから既に14年近くの年月が経過しているので、
時代の変化にはどれだけの名作といえども逆らえません。全裸になるといっても、
女優のメイクやまゆ毛の太さで時代をどうしても感じてしまいます。
特にアダルトビデオは感性を直接的に刺激する表現媒体なので、どうしても時代の差が気になって、
ペニスの持ち上がり方が弱くなってしまう人も居るかもしれん。そうした動画に月額で39米ドルとなると、
ためらってしまう人も居るのではないでしょうか?

以上、往年の「日急」の名作をアンコール配信している『JPEアンコール』の特徴でしたが、いかがでしたか?
往年の「日急」の名作が見られるのでマニアにはたまらないと思いますが、
一方で1カ月に39米ドルという会費は、どうしても評価が分かれると言いました。

ただ、週刊誌などマスコミ各社からも評価されているAV動画有料アダルトサイトです。
一般的な動画に飽きてしまった人は、一見の価値があるかもしれません。